女子高生が拘るスマホ

020711

スマホは、オシャレアイテムとして活用もできます。
女子高生の多くは、スマホを単なるツールとしてではなく、オシャレとしても活用しており、キーホルダー、ストラップをつける、スマホカバーを装着する、デコる、と楽しく利用しています。
スマホのデコに拘る女子高生ですと、自作でデコアイテムを作り装着しています。
スマホの裏カバー一面に、小さなフィギュアのようなおもちゃをデコボコと貼り付けて、個性を発揮している人も。
お菓子を模倣した小さなフィギュア、ケーキ、クッキー、をスマホカバーにくっつけていると、持っているだけでも食欲がわいてしまいます。
社会人となると、たかがスマホをオシャレに装飾するなんて、時間がありませんしお金も無駄に感じられ、中々実行ができないのですが女子高生という元気でありいくらか余裕がある時期ですと、こうしてスマホへのオシャレの意識も持てます。
スマホカバーはオリジナルで作ることもできるため、手芸屋などに行くと手作り用のキットが売られていることも。
自作したスマホカバーは市販されていないために、愛着がわきます。
スマホ用のシールやストラップ作りも楽しいものです。
女子高生ならでは、イククル可愛い物やきれいな物に夢中になり、思う存分スマホをいじれます。
大人になってしまうと、派手なスマホや、おもちゃまみれのスマホを持って会社に出向くわけにも行きませんので、女子高生には若い間にこうやってスマホのオシャレを楽しんで欲しいですね。
スマホアイテムは安値で買い求められるのも、お小遣いが少ない女子高生を引き付けている理由の一つ。
スマホの装飾は、ずっと同じままではなく、代わる代わるとっかえひっかえしている女子高生も少なくありません。
自分がはまっているアニメグッズをスマホにつけてみたり、彼氏の写真を貼り付けてみたり、ちょっとクールにしてみたり、とまるで着せ替えのようにスマホの装飾を変えられるのです。
装飾が一切ないクールなスマホよりも、やはり自分の個性を発揮できているスマホの方が、話題作りにもなりますし、自分の好みを主張でき、メリット盛り沢山です。
一見クール、かと思いきやよく見れば凝っている装飾だったり、と奥の深いデザインもいいですね。

スマホに夢中になる女子高生

020710

スマートフォンは、スマホと略されています。
女子高生がスマホをいじっている姿、街中で多く見受けられます。
スマホは寂しがり屋の女子高生の必須アイテム。
女子高生は多感な時期であり、承認欲求が高かったり、他人を求めたり、と情緒不安定な面を持っている子も少なくありません。
学校や家における関係者だけでなく、もっと外の人間と知り合いたい、と外部を求める女子高生も。
女子高生がスマホを利用するのは、現実逃避の現れとの見解もあります。
女子高生は一見キラキラしているようにも見えますが、友達同士の衝突、親の小言、勉強のプレッシャー、学校のストレス、と色々な物を抱えており、この現実から逃避をしたい、と小さいスマホの画面に逃避をしているのです。
親が買い与えてくれ、通信費も支払ってくれるスマホ、どこにでも持ち歩けますし、気が向いた時にいつでも気軽にいじれるために、現実逃避ツールとしては最適です。
スマホの中は、外部の世界やゲームや動画など、現実逃避に持って来いの世界が展開しています。
小説を読むのは面倒、テレビゲームは家でしかできない、パソコンも同様、といつでも現実逃避できるツールはやはり携帯可能な電子機器となりがち。
嫌なことがあった時、気分転換をしたい時、スマホに接続すれば気分が晴れやかになる、という人は少なくありません。
笑える動画、おもしろい画像などで気軽に気分転換。
スマホで出会いに興じている女子高生もおります。
同年代の男子と知り合い、イケメンでしたら交流をしたり、写真交換をしたりと楽しんだり、年齢が離れている男性ともスマホを通じて交流をしたり、とゲーム感覚で異性と知り合える気楽さ、安全性が好まれています。
スマホはめまぐるしく進化をしており、インターネット、通話、メール、動画、ゲーム、買い物、何でもできるようになりこれからはどのような進化を遂げるのか、興味がありますね。
女子高生には安全に利用をしてほしいツールです。

女子高生のスマホ利用率

020709

今や、女子高生の殆どがスマホを利用しています。
インターネット通信で交流をすることが当たり前となり、女子高生の間においてスマホを持っていなければ、仲間はずれになってしまう、浮いてしまう、といった不都合が生じてしまうために殆どの女子高生がスマホを買い求めています。
スマホは安値で買い求めることも可能、通話料金も工夫をすれば安値に抑えられます。
女子高生が多くスマホを利用しているため、女子高生と知り合いたいという人もスマホが必須となります。
やはりガラケーを使っている人よりも、スマホを持っている人の方が出会っている率がぐっと上がります。
ガラケーはあまりインターネットに適していないとのイメージもあり、スマホの方がもっとインターネットと密着できる傾向にあります。
スマホを所持している人は、パソコンすら持っておらずインターネットは全てスマホで済ませている、という人も多いのです。
スマホは気軽に他人と知り合えるツール、ただなんとなくスマホをいじっているだけでも、いつの間にか他人と知り合えています。
女子高生はスマホを用いて何をしているのか、というとインターネット閲覧、SNSによる発信や交流、オンラインゲーム等。
オンラインゲームは女子高生にも大人気。
スマホにおいては無料で始められるオンラインゲームが多く、お金を気にしてしまう若い女子高生でも気軽にゲームを開始できます。
オンラインゲームの交流で出会っている女子高生も多いです。
スマホにおけるオンラインゲームは、アイテムが可愛い、レベル上げが楽しい、と若い人を呼び寄せる魅力があります。
スマホのオンラインゲームに夢中になり長時間プレイしてしまう女子高生も多く、スマホは女子高生の生活に密着しています。
友達との連絡、家族との連絡だけでなく、スマホの中で他所の県の知らない人とも出会える可能性があるのです。
色々な可能性を秘めているスマホ、ガラケーの人もそろそろ買い換える時期かもしれませんね。

スマホというのは必要不可欠なアイテム

020708

今や、スマホというのは必要不可欠なアイテムとなっていますよね。特に若い子というのはスマホが無ければ生きていけないかのように依存しているように思います。確かに、スマホがあれば色々と便利ですので、今の人間にとっては必要なものだと認めています。そんな中でも女子高生にとっては、重要なコミュニケーションツールです。LINEやfacebookなどで友達や知人といつでも繋がっていられるという安心感があるのかもしれません。昔は、学校に携帯電話は持ってきてはいけないという校則が多かったのですが、最近は先生たちも暗黙の了解のようになっています。

それは、言わば時代の流れなのかなあと思います。そんな私も昨年までは女子高生でしたので、スマホは生活に欠かすことができない大事なアイテムでした。5分に1回はLINEの着信が鳴るのは当たり前です。逆に数分何も着信が無いと不安になるほどでした。スマホはコミュニケーションツールとしても、カメラやビデオとしても万能に万能に働いてくれます。カメラやビデオも性能が高く、十分な機能を持ち合わせていました。私の場合、「携帯電話」は小学生の頃から持っていました。当時はフューチャーフォンでしたので、できることは通話やメール程度でした。

しかし、スマホが登場してからは、音楽を聴くこともできるし、さまざまなアプリを使用することができますので、スマホを触っていても飽きることがありませんでした。そんな女子高生の悩みは充電の持ちの悪さです。ですので、充電器やモバイルバッテリーは常にカバンに入っていました。充電が切れると居ても立っても居られない状態になるのが恐怖でした。とこで、一昔前は通話によるコミュニケーションが多かったのが、最近はLINEなどのメール機能による文字でのコミュニケーションの方が増えてきているように感じています。一日中、画面と向き合っているため、眼精疲労などの問題はありますが、文字によるコミュニケーションは非常に良いことだと思います。もちろん、人前で話す能力が劣る可能性はありますが。今後もスマホは進化を続けると思いますが、ずっと人々にとって欠かすことのできないものとなるでしょう。

私が女子高生の時、スマホはなかった

020707

今では、どんどんスマホの普及率が増加しています。
中学生以上の学生でスマホを持っていない人のほうが少なくなってきているのではないでしょうか。
私が、かつて女子高生だったとき携帯はありましたが、ほとんど通話とメール機能しか使用していませんでした。
でも、今のスマホではネットは見れるし動画や音楽、ラインやゲームなどのアプリも多種多様でさまざまなことができます。
それはいい部分もあれば、あまりよくない部分はもちろんあると思います。
たとえば、スマホがあればいくらでも時間が取られてしまいます。
意思をもって使わないと、やみくもに時間を浪費してしまいます。
学校でも、親でも問題として言っているのは夜中までラインなどをしているということです。
親の言い分もわかりますが、高校生なら本人が楽しんで、ラインをしているのなら私はいいと思います。寝不足になって翌日つらいのは本人です、それを承知でするのなら構わないと思います。
だけど、人間関係の付き合いで、仕方なくしているのなら止めたほうがいいのかなと思います。
学校だけでも、結構疲れるのに残業みたいに家に帰ってまでも人間関係の煩わしさに付き合うのは精神面であまりよくないなと思います。
なんでもそうだけど、楽しんで時間も忘れるぐらい没頭しているのなら、それはいいと思います。
また、女子高生がスマホを使って出会い系のネットで人と知り合って事件に巻き込まれといったことなども聞きます。
それは本当に注意しなくてはならないので、そういった事件に巻き込まれないためにも個人個人がしっかりしなくてはならないと思います。
こう書くと、スマホが悪いみたいになるけれど、使い方次第でかなり恩恵を受けられます。
たとえば、昔の勉強法だとわからないところがあったら、先生に聞いたり自分で資料を探して勉強しなくてはならなかったです。
ものすごく時間がかかっていました。
だけど、今はネットで検索したらすぐにわかります。
たとえば、歴史で、織田信長がもっと知りたいと思って検索します。
そうすると膨大な情報が得られます。
もちろん、間違った情報もあるかもしれないけど、それは自分で取捨選択していくしかないです。
でも、自分の知りたいことが短時間で調べられ、そしてそれに関係した情報もどんどん得られていきますし、ネットで質問すれば答えてくれる掲示板もあります。
なので、今の学生たちは昔に比べて勉強しやすいと思います。
やはり、なんでも物は使いようです。

女子高生にとってスマートフォンは最高の武器になる

020706

今や老若男女問わずみんなスマートフォンを所持しています。スマートフォンが出た当初は、物理キーボードがないと使いづらい、電池が持たない、液晶に指紋がつく、電話とメールしかしない、使用料が高いなど否定的な意見が目立ちましたが・・・
しかしスマートフォンは、手のひらに収まるパソコンともいうべき存在で、サラリーマンやOLなど働く人たちの間で徐々に流行りだし、瞬く間に大学生や高校生の間でも広がり始めました。

そしてそんな超高性能とも言える使いこなすのが難しいスマートフォンを女子高生たちはあっという間に使いこなしてしまいました。元々女子高生は携帯電話をしっかりと使いこなしていましたし、最近の女子高生はパソコンも上手に使いこなします。その携帯電話とパソコンの中間とも言えるスマートフォンを使いこなすなんて女子高生にとって造作も無いことだったのでしょう。
女子高生たちは、家族や友人とLINEなどのコミュニケーションアプリで色々なことを話したり、女子高生向けのサイトで悩み相談をしたり、ファッションコーディネイト系のアプリでおしゃれを楽しんだり、美味しいスイーツのお店を探したり色々なことにスマートフォンを活用してるようです。またTwitterやブログで情報を収集・発信したり、ショッピングサイトで買い物を楽しんだりしています。写真も動画も綺麗に取ることが出来ますし、地図も見れます。GPS昨日があるのでマン外いちの時でも安心です。
そして最近は、沢山の学習アプリがあるので、勉強も捗るようです。テキストと動画で勉強できるので、例えば英語の勉強なんかにはスマートフォンがピッタリです。
また息抜きにスマートフォンでゲームを楽しんだり、動画を楽しんだりといったことも出来ます。女子高生は、情報化社会をスマートフォンを武器に乗り切っています。
今やスマートフォンを開発している人達、スマートフォン用のアクセサリーを作っている人達、アプリを開発している人達、スマートフォンに関わる全ての人達が、女子高生を意識してサービスを作り上げています。女子高生を制するものがスマートフォン業界を制すると言われているようですが、女子高生がスマートフォンを使いこなしている様子を見るとうなずける話だなと思います。

スマホで女子高生と出会う方法とは

020705

いわゆる「出会い系」と呼ばれるWEBサイトなどは以前から非常に多く存在しています。そして、その多くが非常に利用者が多く人気があるものです。主に携帯電話(ガラケー)の普及と共に利用者が多くなったのですが、最近ではスマートフォンユーザーの増加に伴いWEBサイトだけでなく様々なアプリも登場してきています。また、SNS自体も「出会い」や「婚活」などを目的としたサービスを多く導入するようになりました。

しかし、以前から出会い系サイトを利用する事のデメリットなども多くなり、最近では特に未成年との交流を規制するところが殆んどです。しかし、「どうしても女子高生と出会いたい」と言うような方も少なくありませんし、それらの年齢制限などによって不要な損失を被っている方も少なくありません。そこで、「女子高生と出会うためには」について方法を紹介していきます。特に、スマホで利用可能な方法を紹介しますがパソコンでも利用することは出来ます。

その方法とは、MMOなどの多人数で参加できるタイプのゲームなどを利用する方法です。
この方法のメリットは、年齢などの制限なく多くの方と交流を持つことが出来るという点です。しかし、出会い系などの「出会いを目的としたサイトやアプリ」と違い、誰でも簡単にすぐ相手が見つかるというものでは無いので注意してください。しかし、ゲームと言う共通の話題がある中でのスタートになりますので、とっかかりのハードルは大分低くなります。

ゲーム内の掲示板やギルドなどで交流を重ね、ゲーム内からリアル社会へと交流を広げていくと言う方法が一般的ですが、例えば攻略サイトや交流サイトなどを利用しても可能です。単純に「〇〇(ゲーム)について語ろう」と言った内容でメンバーを集めることが出来るので、きっかけを得ること自体は難しくありません。一度を出会い系を比較するならコチラを参照するとわかりますが、出会いを成功させるためのポイントは「焦らない事」です。出会い系なども同様ではあるのですが、そもそもの目的が違うところにある(意図していない)事が多い為にある程度の時間を見込んでおく必要があります。

スマホに関しては達人だらけ

020704

私は神戸市在住の40代の男性です。今から約20年前、私が20代の頃からPHSを含めて携帯電話を気軽に持てるようになりました。その時に私は個別指導塾に勤務していたのですが、その頃から学生、特に女子高生がPHSや携帯電話を持っているのを見てビックリしました。さすがにその頃、小中学生はPHSや携帯電話を持っていませんでした。仮に持っているとしても親から借りているものでした。

今は小中学生でもスマホを持っています。私自身はその24歳くらいの頃に初めてPHSを契約しました。そして時代は流れて、私は今、iPhone6を使っています。4年ほど前からiPhoneユーザーです。通勤でバスと電車を使うのですが、男女関わらずたくさんの学生でスマホを操作している光景を目にします。特に多いのが女子高生です。基本料金や通話料は、ごく一部の人を除いては親が出しているのだと思います。

たまにガラケーの子を見かけると、なんだかホッとした気持ちになります。女子高生たちは親に頼み込んで買ってもらっているのか、親がすすんで買い与えているのだろうか。まあ、両方のケースがあると思いますが。かくいう私の姪っ子4人は高校生までにスマホを持っています。姉が2人いるのですが、下の姉の家は旦那が率先して買い与えるタイプで、上の姉の家は、高校生になったらという条件でスマホを買い与えました。女の子って機械ものには弱いけれど、スマホに関してはやたら詳しいっていう印象があります。

文字を入力するスピードの早いのなんの。LINE、Facebook、Twitter等様々なコミュニケーションアプリやオンラインゲームに夢中になっているのでしょう。ある日、5人グループの女子高生が電車に乗ってきて、椅子に座るやいなや全員が夢中でスマホの操作を始めました。ちなみに全員iPhoneでした。そんなにスマホが必要なのでしょうか。そもそも自分で料金を払うことができない学生はスマホどころかガラケーも持つべきではないと思います。

出会い系サイトや援助交際に簡単にアクセスできるようになってしまい、危険な目にあってしまうかもしれません。私は高校卒業までは、携帯電話を持つことを制限する法律を作るべきだと思います。

女子高生のスマホ状況

011909.jpg

今や女子高生のほぼ99%はスマホを一度は手にしたことがあるのではないでしょうか?
それほどまでに普及しているスマホ。
持っていて当たり前の時代があっという間に到来してしまいました。
そんなスマホの人気はやはりアプリです。
写真んを撮影すると女子高生に人気のプリクラのように写真を加工できるもの。
さらには、自分の顔までも修正できてしまうものまであるというから驚きです。
そんな女子高生人気のアプリLINEも相手にメッセージを見た後は既読という文字もでて、伝わったのがメッセージを送った側で確認ができるというこれまでになかった機能です。スタンプの登場も自分の繊細な気持ちを表現するのにぴったりなものも多く出ていて、素晴らしいですね。
ただ、私がおもうに、なんでここまでスマホが普及したかというと、別の所にあると思います。
それは、先ほども申し上げたようにアプリ。
アプリの人気もありますが、そもそもアプリに人気が出ているのは無料だからです。
月額料金が当たり前の時代だったのにも関わらず、一度購入すれば追加料金は必要ない。
または、無料でバージョンアップされるので、杖にっ無料でも最新のものを利用できるとあって非常に女子高生に人気がでたのだと思います。
女子高生は基本的にアルバイトでしかおかねは稼げません。
なので、お金がかかるものはあまり好まれない傾向があります。ですので、スマホの普及は特に若者世代に集中するでしょう。
自分用のいわばゲーム機のようなものですね。
自分のスマホをまた保護フィルムを貼ってよごれないようにする人や、自分の趣味や好みを反映することができるスマートフォンカバーまでも商品化されています。
以前の携帯電話の時代にはなかったカバーまでが高い売上げを上げています。
現在の市場を予測し、新たな物を生み出したスマホは今後もさらに発展することが見込まれます。
ドンドン、女子高生を中心に大ヒットを連発して、日本のスマホ業界を引っ張って言ってほしいです。
私も一人のスマホユーザーとして。