スマホで出会い系してる女子高生は居てる?

今回は少し踏み込んだ内容です。ズバリ「スマホで出会い系アプリを使って出会っている女子高生はいるのか?」についてです。

 

「JKビジネス」などという言葉をニュースで聞くことがあります。JKと会話したりデートしたりするのにお金を払うというビジネスです。こういったビジネスが存在している、そして数十年前から「援助交際」などという言葉が存在しているということが答えといえば答えです。結論からいえば
「存在します」
でなければ、このようなビジネスは存在していないし、アプリも出回っていないですよね。調査しているなかでも実際に使用している女子高生はいました。もちろん割合としては全体からみれば一部です。ただ、一部でもいたのは事実です。使用しているアプリを聞いてみると・・・
「ハッピーメール」
これが一番多かったですね。もう15年ほど前からあるアプリのようで、登録している女性が多いのが特徴のようです。男女比のバランスが良いと実際に出会える可能性も高くなるようです。

 

「YYC」
これはmixiが運営しているという優良サイトのようです。載せる写真がはっきりと顔がわかるものが多いということなので、安心だとか。

 

「イクヨクルヨ」
現在使っている人の評価が一番高いサイトのようです。利用者も多く、出会える可能性が高いとか。

で、これって本当に出会えるのでしょうか?これに関しては女子高生側と利用したことある男性側と両方に聞きました。まず女子高生側に聞いてみました。
「けっこう出会える。というか早く会おうってうるさい」
「ちゃんと先に探っとかないと警察の場合があるから気を付けてる」
「わかりやすくお金でやらせろって言ってくる、めんどくさい」
聞いていると何か違った世界に踏み込んだ気分になりましたが、とりあえず女子高生側は会おうと思えば、すぐに会えるようです。

 

では、男性側はどうでしょうか?こういったアプリを使用したことがある男性たちにリサーチした結果、
「全然会えない。連絡するのにポイント使うので、金がかかる」
「もう登録してるの全部サクラじゃないかと思ってる」
「ポイントを使わせるためか、じらしてるのか、すぐに会ってくれない」
などなど。

 

なんかかみ合っていないような気が・・・。どうもアプリを利用するのは男性側がお金を払わなくてはいけないため、このようなことが起こるようです。とりあえず男性側は「なかなか実際には会えない」という認識のようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *